ルールとテクニック

RULE & TECHNIQUE

カーリングとは

カーリングとは、氷上のリンクで4人1チーム同士が円の中心を目指してストーンを滑らし、よりストーンを中央に近づけたチームに得点が入るというウィンタースポーツです。

選手はチームごと交互にストーンを投げ合います。中心を目指すだけでなく、相手チームのストーンをはじき出したり、円の中心に近づけにくい位置にストーンを投じたりと、駆け引きを行う頭脳戦となります。

この頭脳戦の要素が重要なことから、『氷上のチェス』とも呼ばれています。

ルール01

カーリングのマナー

カーリングは伝統性を重んじたスポーツです。
審判員はいないため、プレイの正確性と同じくらいにフェアプレー精神がとても大切な要素となっています。
スポーツマンシップを基に、相手チームへの思いやりと敬意が求められます。

主なカーリングのマナーとして、

・誤ってストーンに触れた場合、誰も見ていなくとも速やかに自己申告をします。
・相手チームの投球時は、動いたり音をたてたり集中を妨げるようなことはしてはいけません。
・試合途中に勝ち目が無いと判断した場合は、負けを認めてスキップが握手を求め、ギブアップします。
・相手のミスを喜んではいけません。
・カーリングのシートは手間と技術と時間をかけて作られています。氷の状態によってストーンの軌道や滑りやすさは非常に影響を受けます。その為、故意に傷を付けたり投球後に手をついたりしてはいけません。
・時間制限が設けられていない試合であっても、話し合いに時間を掛け過ぎてはいけません。
・シートの掃除は勝利したチームが行います。

得点の数え方

ハウス内の中心に最も近いストーンに1点が入ります。さらに、相手チームのストーンで最も中心に近いストーンより内側にあるストーンがあれば、それらもすべて1ストーンにつき1点となります。

つまり、相手チームの一番中心に近いストーンより自身のチームのストーンがティーに近いストーンの数が得点となり、相手チームの得点は0点となります。

先攻と後攻の違い

カーリングは、エンドと呼ばれる1回の攻守で、リード、セカンド、サード、スキップの4人が2回ずつ合計8回ストーンを投げ、中心の近くにストーンを置いたチームのストーンの数を得点とし、10エンドの得点の合計を競うゲームです。

攻守の順番は、第1エンドはコイントスによって決め、以降は前のエンドで勝利したチームが先行になりますが、「カーリングは後攻が圧倒的に有利」なスポーツです。

後攻がラストストーンを投げるため、それまで相手のストーンがティーに最も近くてもラストショットで弾き出したり、最も中心にストーンを置ければ最低1点は得点が入ります。

なので、先攻と後攻では理想とする試合の進め方が異なります。

先攻の目標と戦い方

不利な先攻ですが、1点を獲得すれば、その後有利になります(スチールと言います)。
または相手に1点を取らせて次のエンドで後攻にまわることを目標とします。
ハウスの手前にストーンを置いたり、相手のスキップがラストストーンを投球するまでにハウスの中が複雑で見えにくくなるように進めていきます。

後攻の目標と戦い方

有利な後攻では、2点以上獲得することが目標となります。
1点しか取れないような状況の場合は、互いの得点を0点に抑えて、次エンドも後攻のまま入るのが理想です。
ハウスの中に自分たちのストーンを置きつつ、スキップのラストストーンでハウス中心を取りやすくなるように進めていきます。

テイクアウト・ドロー

1)テイクアウトゲーム
得点となるストーンを一つでも減らそうとするゲーム展開のことを言います。

勝っている状況では、リードを守るためにテイクアウトゲームに持ち込むことが多いです。
大量失点のリスクが少なく、後攻を維持するためにブランクエンドに持ち込むことを狙います。

2)ドローゲーム
ハウスにストーンを多く残していくゲーム展開のことを言います。
負けている状況では、複数点で逆転を狙うため、ドローゲームに持ち込むのが理想です。ただし大量失点の可能性が上がるというリスクもあります。
フリーガードゾーンルールを利用する、ガードショットなどを駆使するなど、複雑で戦術的な作戦を考えます。

MENU